果樹を育てると色々な果実が食べられる│定期的にケアを

果物

農業の問題点と動向

トラクター

離農をする人たちにとって農業で使っていた機械の処分は、その処分にお金がかかり時間の経過とともにさびたり動かなくなったりと大きな問題がありました。そのため、出張買取業者を利用しています。

» 詳細へ

初心者向きの果樹

芽

果樹から果実を採取する楽しみがあるでしょう。ベリー系の果樹であれば、数年で果実が出来るので採取までのスピードが早いので、初心者の方でも楽しく育成する事が可能です。慣れてきたら、柑橘類などの別の果樹に挑戦すると良いでしょう。

» 詳細へ

庭を綺麗に改善する

庭

住宅リフォームは室内だけでなく屋外も対象となります。特に庭のリフォームは、ガーデニングブームと相まって人気を呼んでいます。庭で過ごす時間が増えるとともに、くつろぎや快適さの向上を求めてリフォームを希望する人が増えています。

» 詳細へ

ガーデニングの基礎

果樹を栽培する土壌は

柿

果樹は苗木を植えてから、3年位経たないと実をつけません。中には、6年から7年かかるものもあります。早くても数年はかかるわけですから、花が咲き果実が実って収穫の時期を迎えたときは、とても嬉しいでしょう。 果樹を栽培する土壌は、水はけが良くなくてはいけません。水はけが悪いと土中のすき間が水で満たされて、酸素が押し出されて少なくなってしまいます。果樹の生育が悪くなるので注意しましょう。 どうしても水はけの悪い場所で育てなくてはいけない場合、少し工夫をすることです。溝を掘って水を低い方へ導くようにしましょう。また、土中に刈った草や枝を埋めて、土中の根に呼吸できるだけのすき間を作ってあげると言う方法もいいでしょう。

野菜や草花とは違って

果樹は野菜や草花とは違って、植えつけられた場所で10年、20年と長く生き続けます。当然、最初は小さな樹ですが、成長すれば大樹になるものも多いです。家の庭で果樹を栽培したいと言う場合は、場所をしっかり考えてから植えましょう。 また、果樹はその年の影響が1年後、2年後にも及びます。手入れを怠ると、その影響が後々まで尾を引くでしょう。手入れはしっかりすることです。 そして、害虫のことが気になると言う人も多いでしょう。果樹は基本的に樹齢が長いので、多種多様の病害虫に脅かされます。水はけの良い場所はもちろんですが、通風と日照も良くなくてはいけません。そう言う場所で育てれば、病害虫に悩まされることもほとんどなくなるでしょう。